当センター・機構からのお知らせ

【周知広報】利用してみませんか『産業保健関係助成金』のご案内!(平成30年度)

投稿日時:(594ヒット)

平成30年度【メンタルヘルス対策関係助成金】・【小規模事業場産業医活動助成金】のメニューが拡充されました!

<事業主の方へ>

 【メンタルヘルス対策関係助成金】  

平成30年度の「メンタルヘルス関係助成金」について、対象範囲などが拡大され利用しやすくなりましたので変更点などを含めお知らせします。新リーフレットもご覧下さい。

①「心の健康づくり計画助成金」      (労働者数の制限なし)
メンタルヘルス対策促進員の助言・指導を受けて「心の健康づくり計画」を作成・実施した場合、助成金 (一律10万円) が受けられます。メンタルヘルス対策促進員による活用は無料です。
従来心の健康づくり計画助成金の対象が「本社・本店」などの法人対象でしたが、「個人事業主」が追加されました。
メンタルヘルス対策促進員の支援サービス(申込)

 

「ストレスチェック助成金」    (労働者数50人未満の事業場が対象)
小規模事業場が医師と契約してストレスチェックを実施した場合、助成金 (1人につき500円、面接指導1回につき最大21,500円) が受けられます。
従来ストレスチェックに係わる医師の活動は「産業医の資格をもった医師との契約」でしたが、「医師との契約」に変更となりました。

③「職場環境改善計画助成金」  (労働者数の制限なし)
※こちらは変更点はありません。
ストレスチェックの集団分析の結果を活用して、「職場環境改善計画」を作成し、実施した場合、助成金(最大10万円)が受けられます。
事業主の方が専門家【Aコース】又はメンタルヘルス対策促進員【Bコース】による指導に基づき、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえて職場環境改善計画書を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した指導費用及び機器・設備購入費用の助成を受けることができる制度です。助成額・支給要件など詳細は下記Aコース・Bコースをご覧下さい。

Aコース】    ➡ (助言・指導) 産業医等の医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士等によるもの。
【Bコース】    ➡ (助言・指導) 産業保健総合支援センター(当センター)のメンタルヘルス対策促進員の助言・支援(訪問3回まで)によるもの。メンタルヘルス対策促進員による活用は無料です。
メンタルヘルス対策促進員の支援サービス(申込)

※👆クリックすると画像が大きくなります。

  【小規模事業場産業医活動助成金 】 

労働者数50人未満の事業場が対象
新しく3つのコースに分かれ範囲も広がりました。新リーフレットもご覧下さい。

従来は産業医の要件を備えた医師と契約し活動した場合が対象となっていましたが、新たに保健師と契約して活動した場合、また、それらの産業医、保健師に労働者が直接に健康相談をできる仕組みを作って相談を行った場合も対象となります。

産業医コース ➡ 従来の産業医活動に係るもの。

保健師コース ➡ 産業保健活動に関して保健師と契約し、活動した場合に対象となるもの。

直接健康相談環境整備コース ➡ 契約した産業医又は保健師に労働者が直接相談できる環境を整備した場合に対象となるもの。
※👆クリックすると画像が大きくなります。

産業保健関係助成金についての「30年度版」の詳細は労働者健康安全機構の こちらから覧下さい。
(各種申請様式もダウンロードできます)

※メンタルヘルス対策促進員の支援内容についてはこちらをご覧下さい。
※助成金には、それぞれ支給要件が定められています。助成金に関するお問合せ先は下記にお願いします。
鳥取産業保健総合支援センター TEL:0857-25-3431  又は
労働者健康安全機構ナビダイヤル:0570-783046