当センター・機構からのお知らせ

【周知広報】平成29年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確報)を公表。

投稿日時:(45ヒット)

~5月から9月まで、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施中~

 

【厚生労働省より】

平成29年の「職場における熱中症による死傷災害の発生状況(確報)」の公表によると、

◆ 昨年(平成29年)の職場での熱中症による死傷者(死亡・休業4日以上)は544人と、平成28年よりも82人増加。
うち死亡者は14人と、前年より2人増加。
◆ 熱中症による死傷者は平成23年以降、毎年400~500人台で高止まりの状態にあります。
平成29年の業種別の死亡者をみると、建設業が全体の約6割(8人)と最も多く発生しています。
◆ 熱中症で死亡した14人の状況を見ると、

★ WBGT値(暑さ指数)の測定を行っていなかった (13人)
★ 計画的な熱への順化期間が設定されていなかった (13人)
★ 事業者が水分や塩分の準備をしていなかった (4人)
★ 健康診断を行っていなかった (5人)
など基本的な対策が取られていなかったことが分かりました。

公表の詳細は厚生労働省のHPこちらからご覧ください。

※当センターの「熱中症予防対策ページ」

「熱中症予防対策セミナー(西部会場)」開催します。

厚生労働省委託事業「職場における熱中症予防に関する講習会事業」のご案内