産業保健トピックス

【セミナー情報】「化学物質のラベル・SDS及びリスクアセスメントに関するセミナー」のご案内

投稿日時:(73ヒット)

(平成30年度ラベル・SDS活用促進事業)

平成28年の労働安全衛生法・施行令の改正により、ラベル・安全データシート(SDS)の対象が拡大されていますが、さらに対象物質は、平成30年7月1日から673物質となります。これらの対象物質についてはリスクアセスメントが義務化されています。このセミナーでは、労働安全衛生法、ラベル・SDSの内容や事業場におけるリスクアセスメントの具体的な手法をわかりやすく解説するものです。開催は東京・大坂・名古屋の4会場にて開催予定。
従業員の安全と健康を守るため、化学物質を直接取り扱っている事業者の方は、この機会にぜひご参加ください。

※本セミナーは、厚生労働省から、テクノヒル(株)に委託して実施されます。

 初心者から既受講者まで 
  ラベル・SDS及び、リスクアセスメントに関するセミナー開催 のお知らせ 

東京・大坂・名古屋の4会場にて開催されます。

セミナーの詳細・申込は厚生労働省のHP下記こちらからご覧ください。