治療と仕事を両立させるために出来ることがあります

 

   ( 労働者健康安全機構)

治療と仕事の両立支援ナビ  (厚生労働省)

 

 

両立支援について (支援は全て無料です)

それまで健康だった人が病気にかかり治療が必要になると、以前の通りには働けなくなるケースが出てきます。その場合、治療に専念することになるか、あるいは、治療しながら働くかはケースバイケースでしょう。また、治療期間は疾病の種類などによって長さが異なりますが、働きながら治療をしたい人にとっては、それらをいかにして両立させるかは大きな問題です。

一方で、治療をしながら働く人の職場、とりわけ、人事労務担当者や産業保健スタッフ、そして、共に働く上司や同僚にとっても、治療と仕事の両立支援は重要な課題です。治療をしながら働きたいという思いがあり、主治医によってそれが可能だと判断された人が働ける環境の整備が求められているのです。(治療と仕事の両立支援ナビより)

当センターでは、両立支援促進員という社会保険労務士・保健師等の専門家が、治療を続けながら働き続けることができるよう各種支援を無料で提供しています。また促進員は、独立行政法人 労働者健康安全機構の両立支援コーディネーター基礎研修を受講しており安心してご相談できます。事業者が費用の助成を受けることができる制度もあります。
ぜひご活用ください。

 

両立支援促進員による支援内容

 【個別訪問支援】
両立支援促進員が事業場を訪問し、両立支援に関する制度の導入等についてアドバイスします。
1.管理監督者向け両立支援教育
2.事業場内体制の整備
3.事業場内規程等の整備
4.事業場の勤務、休暇制度の整備
5.両立支援のすすめ方
6.両立支援に係る情報提供

 

【個別調整支援】
事業場と労働者※(患者)間の、仕事と治療の両立についてアドバイスします。
.労働者(患者)との治療に対する配慮の検討
.   両立支援のすすめ方
3.両立支援プランの作成
4.   職場復帰プランの作成
5.主治医等への相談
6.就業上の措置についての検討
※事業場に雇用されていない場合は、個別調整支援ではなく相談として対応いたします。

【事業者向け】 「両立支援の基本的な進め方」

【労働者本人及びその家族向け】 「治療と仕事の両立のための手順」

 

【啓発セミナー】
ガイドライン等の普及・啓発を目的とした事業場等を対象とするセミナーを開催します。

※厚生労働省では、『事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン』や「働き方改革実行計画」に基づき作成している『企業・医療機関連携マニュアル』による取組を進めております。

※ ガイドライン(2021.3月改訂版)New !   マニュアル(2021.3月改訂版) New !

           

 


相談窓口の紹介

【両立支援相談窓口】

開設場所:山陰労災病院 医事課相談室(1階)
開 設 日:平日の13時から~17時まで
対 象 者:がん、脳卒中、糖尿病などで治療中の方やそのご家族、事業所の担当の方
対 応 者:山陰労災病院MSW(医療ソーシャルワーカー)等
連 絡 先:0859-33-8181(内線6785)

山陰労災病院 「治療就労両立支援部」の紹介 

(両立支援相談窓口案内リーフレット)


【両立支援(出張)相談窓口】

開設場所:鳥取県立厚生病院 地域連携センター相談室(1階)
対象者:がん、脳卒中、糖尿病などで治療中の方、その事業所の担当の方
対応者:鳥取産業保健総合支援センターが委嘱する両立支援促進員等
連絡先:0857-25-3431(鳥取産業保健総合支援センターが受付先となります)

ご利用の流れ
鳥取産業保健総合支援センターへ申込書の提出(利用者さまが行います)

日程の調整(当センターが申込者の方へ日程調整の連絡をします)

出張相談窓口の予約(当センターが地域連携センター相談室と調整します)

両立支援促進員による窓口での出張相談対応

 


各種お問い合わせ・申込み

【事業者、産業保健スタッフの皆様へ】

 

    

 


両立支援推進チームの紹介

鳥取労働局が設置した鳥取県地域両立支援推進チームに当センターも参加しています。

(2020.12 パンフレット更新)