平成30年度【メンタルヘルス対策関係助成金】・【小規模事業場産業医活動助成金】のメニューが拡充されました!

<事業主の方へ>

 【メンタルヘルス対策関係助成金】  

平成30年度の「メンタルヘルス関係助成金」について、対象範囲などが拡大され利用しやすくなりましたので変更点などを含めお知らせします。新リーフレットもご覧下さい。

①「心の健康づくり計画助成金」  (労働者数の制限なし)
メンタルヘルス対策促進員の助言・指導を受けて「心の健康づくり計画」を作成め・実施した場合、助成金 (一律10万円) が受けられます。
従来心の健康づくり計画助成金の対象が「本社・本店」などの法人対象でしたが、「個人事業主」が追加されました。
メンタルヘルス対策促進員の支援サービス(申込)

 

「ストレスチェック助成金」  (労働者数50人未満の事業場が対象)
小規模事業場が医師と契約してストレスチェックを実施した場合、助成金 (1人につき500円、面接指導1回につき最大21,500円) が受けられます。
従来ストレスチェックに係わる医師の活動は「産業医の資格をもった医師との契約」でしたが、「医師との契約」に変更となりました。

③「職場環境改善計画助成金」  (労働者数の制限なし)
※こちらは変更点はありません。
ストレスチェックの集団分析の結果を活用して、「職場環境改善計画」を作成し、実施したした場合、助成金(最大10万円)が受けられます。
事業主の方が専門家(Aコース)又はメンタルヘルス対策促進員(Bコース)による指導に基づき、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえて職場環境改善計画書を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した指導費用及び機器・設備購入費用の助成を受けることができる制度です。支給要件ほか詳細は下記Aコース・Bコースをご覧下さい。

Aコース】  ➡ (助言・指導)産業医等の医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士等によるもの
【Bコース】  ➡ (助言・指導)産業保健総合支援センター(当センター)のメンタルヘルス対策促進員の助言・支援(訪問3回まで)によるものです。活用は無料です。

※👆クリックすると画像が大きくなります。

  【小規模事業場産業医活動助成金 】 

労働者数50人未満の事業場が対象
新しく3つのコースに分かれ範囲も広がりました。

従来は産業医の要件を備えた医師と契約し活動した場合が対象となっていましたが、新たに保健師と契約して活動した場合、また、それらの産業医、保健師に労働者が直接に健康相談をできる仕組みを作って相談を行った場合も対象となります。

産業医コース ➡ 従来の産業医活動に係るもの。

保健師コース ➡ 産業保健活動に関して保健師と契約し、活動した場合に対象となるもの。

直接健康相談環境整備コース ➡ 契約した産業医又は保健師に労働者が直接相談できる環境を整備した場合に対象となるもの。
※👆クリックすると画像が大きくなります。

産業保健関係助成金についての「30年度版」の詳細は労働者健康安全機構のこちらをご覧下さい。

※メンタルヘルス対策促進員の支援内容についてはこちらをご覧下さい。

 

 

~必要な研修を修了した歯科医師・公認心理師を追加~

 

【厚生労働省】公布・施行:平成30年8月9日

労働安全衛生規則の一部を改正する省令を公布・施行されました。
平成27年度に施行された「ストレスチェック制度」の実施者はストレスチェックを実施し、その結果を踏まえ、面接指導の必要性を判断する者で、産業保健や精神保健に関する知識を持つ医師、保健師、必要な研修を修了した看護師や精神保健福祉士に限られていましたが、改正により必要な研修を修了した歯科医師・公認心理師が追加されました。

※詳細は厚生労働省のHPこちらからご覧ください。

 

 

監督指導の実施事業場:25,676事業場うち、18,061事業場(全体の70.3%)で労働基準関係法令の違反がありました。

【厚生労働省より報道発表】

詳細は厚生労働省のHPより8/7公表のこちらからご覧下さい。

 

 

GHSラベルの絵表示の意味するものは…

【化学物質を取り扱う事業主の皆様へ】

平成30年度 厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業 」により職場における事故防止のため下記リーフレットをご案内します。<受託先:テクノヒル(株)>

 

「ラベルでアクション」
「絵表示確認表」
「製品がくる➡ラベルを見る➡今すぐ安全対策アクション

危険有害性のある化学物質について事業所でリスクアセスメントを行うことが義務づけられています。

 

 

鳥取さんぽの「産業保健研修会」10月新企画 ‼
参加をお待ちしております。


※詳細・お申込みはこちらから。
メール申込 ➡  https://www.tottoris.johas.go.jp/?page_id=74

FAX申込 ➡   下記をご覧下さい。

 

メンタルヘルスと企業のリスクマネジメントについて』申込受付中 !    New!
メンタル休職者の職場復帰支援/身近に存在する物質による健康障害防』  申込受付中!
『労働者の健康管理のすすめ方』~健診結果を基に考えましょう~    申込受付中!
『ストレスチェック結果の活用方法について  終了しました。

 

 

 

 

 

9/9(日)産業医研修会(鳥取県医師会)のご案内

 

日  時: 平成30年9月9日(日)11:40~16:50
会  場: まなびタウンとうはく 東伯郡琴浦町徳万266-5
受講料:  鳥取県医師会産業医部会員以外の先生は3,000円必要。
対  象: 認定産業医(更新単位)・未認定産業医(認定医申請単位)
〆  切:      8月24日(金)
申込・問い合わせ先: 鳥取県医師会 TEL:0857-27-5566 FAX:0857-29-1578

第2回鳥取県医師会産業医研修会開催要項    FAX申込用紙(PDF)
(mail申込は上記開催要項に掲載)

 

『働き方改革を推進するために関係法律の整備に関する法律が』が成立しました。
(平成30年7月6日公布) 鳥取労働局

働き方改革関連法

☆事業主の皆さまへ 「働き方」が変わります!!
☆働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて~

☆労働時間法制の見直しについて
☆雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

※詳細は鳥取労働局のHPからご覧下さい。
https://jsite.mhlw.go.jp/tottori-roudoukyoku/news_topics/topics/_121030/_121148_00007.html

みなくるの労働相談について

『鳥取県中小企業労働相談所 みなくる』では、賃金・労働時間、解雇・退職、労働保険・社会保険、セクハラやキャリア形成などの労働者・事業主の皆様の仕事に係わる相談を行っています。

・解決に向けたアドバイス
・情報提供
・必要に応じた関係機関紹介 など

「みなくる」(鳥取県中小企業労働相談所)とは

        

「みなくる」新リーフレット(2018.4)   2018.4月より相談時間が変わりました他お知らせ

    「ライフサポートセンターとっとり」新リーフレット(2018.4)

    

※労働セミナー「社会保険の実務」9月・10月  New!
※労働セミナー「職場のトラブルと対処法」11月 New!

※みなくる土曜労働相談日 2018年(7月・8月・9月)

 

※『みなくる通信 から労働相談Q&A』~参考事例の紹介
介護と仕事を両立したい
65歳以上ですが雇用保険への加入が必要ですか?

 

暑くなりました。熱中症予防対策を十分にお願いします。

➡ 熱中症防止の好事例集はこちらから。(鳥取労働局)   New! 8/1 

➡ 新リーフレット(鳥取労働局)   重点取組期間 7月⇒7,8月まで延長

※鳥取労働局よりお知らせ    (Stop!熱中症クールワークキャンペーン)

※当センターの「熱中症予防対策サイト」をご覧下さい。

 

 

セミナー受講風景を更新しました  New!

当センターのセミナーに参加いただきまして、ありがとうございました。
【産業保健研修会】
の受講風景を更新しました。
こちら からご覧ください。次回セミナーもお待ちしております。

セミナー案内

 

 

第12回 じん肺診断技術研修の開催について

 

日   時:    平成30年11月1日~2日(金)の2日間
会   場:    労働者健康安全機構 総合研修センター 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
問合せ先 :     じん肺健康診断等に携わる医師
参  加   費:  35,000円
募集人数 :  40名
取得単位 :  ※(1) ※(2)

※(1) 日本医師会認定産業医制度認定単位:9.5単位  ➡生涯単位のみ申請中です。
※(2)日本職業・災害医学会認定補償指導医認定単位:2単位➡選択単位 業務上疾病の労災補償

申込締切日 : 平成30年10月11日(木) ただし定員に達した時点で申込受付終了します。

詳細・お申込みはこちらから。
https://www.johas.go.jp/index/tabid/1288/Default.aspx
(労働者健康安全機構)

看護師・精神保健福祉士に対する研修(実施者になるために必要な研修※)に関する情報

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等 7/25 New!
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

障害者雇用安定助成金(障害や傷病治療と仕事の両立支援コース)のご案内

事業主の皆様へ

(環境整備助成)
労働者の障害や傷病の治療と仕事を両立させる為の柔軟な勤務制度や休暇制度を導入し、かつ、両立支援に関する専門人材を社内に設置した事業主に対する助成。
(制度活用助成)
反復・継続して治療を行う必要がある傷病を負った労働者のために、両立支援コーディネーターを活用して社内制度を運用し、就業上の措置を行った事業主に対する助成。
※助成金の支給はそれぞれについて1回限りです。

※主な支給要件など詳細は厚生労働省の下記HPをご覧下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162833.html

 

 

平成30年7月豪雨で被災した地域の産業保健活動を支援するため、被災された事業者、労働者、その家族等からのメンタルヘルスに関する相談及び健康に関する相談に対応する専用電話相談窓口(フリーダイヤル)を開設しました。

平成30年7月豪雨被災者のための『心』の相談ダイヤル
◆ 平成30年7月31日(火)開始
◆ 開設日時:10時から17時まで(土日祝日を除く)
全国統一フリーダイヤル:0120-202-518

 

◆ 平成30年7月豪雨被災者のための『健康(からだの)』相談ダイヤル
◆ 平成30年8月1日(水)開始
◆ 開設日時:月・水・金曜日:13時から17時まで(祝日を除く)
全国統一フリーダイヤル:0120-401-281

労働者健康安全機構の詳細文書

 

 

8月のセンター相談員の担当日はこちらです。

※研修会への参加もお待ちしております。

8月のセンター相談員担当日です。

 

「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更が24日、閣議決定されました

 

~過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会へ~

厚生労働省は24日、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更を閣議決定されました。
新大綱の主なポイントは、勤務間インターバル制度の周知や導入に関する数値目標
(2020年までに制度導入企業割合を10%以上等)を初めて設定したことです。
その他労働行政機関等が重点的に取り組む対策などが明記されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000101654_00003.html
(厚生労働省)

 

 

 

 

 

第13次労働災害防止推進計画のご案内

 

【事業場の皆様へ】

労働安全衛生法第6条の規定に基づき厚生労働省が策定した「第13次労働災害防止計画」をもとに、鳥取労働局において当該計画を進めていくための「鳥取労働災害防止推進計画」が策定されました。労働災害の防止対策を推進し、労働者の安全と健康の確保に努めていただきますよう取組をお願いします。

厚生労働省「第13次労働災害防止計画」について

10/1~10/7  平成30年度(第69回)『全国労働衛生週間』のお知らせ(厚生労働省)

本  週  間     :10/1(月)~10/7(日)
準備期間     :  9/1~9/30
スローガン :『こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革』

厚生労働省の報道発表(実施要綱も掲載)