産業保健トピックス

【周知広報】「職場における心とからだの健康づくりのための手引き」ご案内(2021.3改正版)

投稿日時:(45ヒット)

【労働者の健康保持増進対策に取り組む必要性やメリット、取組方、取り組む際の留意点など解説】

 

厚生労働省では、昭和63年に、労働安全衛生法に基づき『事業場における労働者の健康の保持増進のための指針<THP※指針>』を策定し、取組を普及してきましたが、指針策定から30年以上が経過し、産業構造の変化や高齢化の一層の進展、働き方の変化など、日本の社会経済情勢が大きく変化していく中で、事業場における健康保持増進対策についても見直しの必要が出てきました。

そのため、令和2年3月、また令和3年2月に、医療保険者と連携した健康保持増進対策がより推進されるよう、更に改正されました。


この手引きは、事業場の事例の収集・調査を行い、ポイントやノウハウを取りまとめたものです。ぜひ手引きをご覧いただき、各事業場の実態に即した労働者の健康保持増進対策の推進にお役だてください。

 

※THPとは、トータル・ヘルスプロモーション・プラン(Total Health Promotion Plan)の略称で、労働安全衛生法第゜70条の2により厚生労働大臣が公表した指針に沿って、働く人が心とからだの両面にわたる健康的な生活習慣への行動変容を行うため、事業場で計画的に行う健康教育等の活動のことです。